運命は残酷にも2人を翻弄する。

 

月の女神の化身のような公爵令嬢クリスティーナ。

婚約者アルベルトを愛している彼女だったけれど、

転生したことに気がつくと、自らに待ち受けるのは破談と知った――。

 

 

小説家になろう発の素敵な恋愛小説です。

 

 

はじめにお詫び。

星4つなのは、フランツのゲスっぷりに我慢ができずなのです。

 

なろうでこの作品に出会って、うっとりと読ませていただきました。

クリスティーナルート、そしてアルベルトルートを読むと、

本当は愛し合っている2人なのに、いかに運命(ゲームのメインヒロインなど)に翻弄されていくのか。

もう最後までハラハラしつつ、最後のシーンに胸に幸せが沸いてくるのです。

 

書籍化して文章量も増え、エピソードも増え、さらに二人は翻弄されていきます。

その度に二人を応援している私は、もう……。そして、最後のフランツのゲスっぷりには(以下略)

クリスティーナになにしてんだ、ごるぁっ! o(怒`・ェ・´)ノ 

 

そうした困難を乗り越えた二人。

ああ、良かったぁ。

Related Entry
    Comment





       

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Archive

    Recommend

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Comment

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM