喫茶店で見かけた不思議な光景。

私はそれを見てマクベスに出てくる魔女を想起する。

砂糖壺を囲む三人の魔女。

彼女たちがしていることは……。

 

※評価は本全体の評価です。

 

 

前回と同じく『空飛ぶ馬』から。

なぜ同じ本に収録された一篇一篇を紹介するかって言うと、この本が、

大 好 き だ か ら !

 

中には暗い話もありますが、最後の一篇で心がホッとします。

「この一筋に繋がる」。まさにそういうイメージ。

 

というわけで、2話めの「砂糖合戦」。

素敵な喫茶店『アド・リブ』で見かけた不思議な光景から、円紫さんの推理が冴え渡ります。

そして、見逃せないのは、まことに芸の力とは恐ろしきかなということ。

私や円紫さんの会話がとても知的で、私の心を快くくすぐります。

 

彼女たちが砂糖壺にかけていた呪文の真相は?

この先は皆さん自身で。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM