曰く 邃古(すいこ)の初、

誰か之を伝え道(い)える。

上下 未だ形あらずと、

何に由ってか之を考えし。

 

大学生の工藤秋生が香港に到着したとき、黄龍が5000年の眠りから目を覚ます。

 

 

香港を舞台に、北京の中央調査部、黒社会、そして、青年実業家が三つどもえになって工藤秋生の身柄を争う。

 

黄龍の目覚めを求める者。……黄龍の眠りを守る者。

両者が入り乱れるなか、香木の港に未曽有の危機が迫る。

果たして秋生は無事に日本へ帰れるのか?

 

非常に面白いエンターテイメント小説です。

シリーズも続いていきますが、個人的にはこの1巻と2巻が好きですね。

 

コミカライズ版があり、そちらではセシリアの名台詞。

「BGMが欲しいわね」……「ワルキューレの騎行よ」が登場します。

似たような台詞はたまに見るけど、このコミックが最初じゃないかな?

 

 

Related Entry
    Comment





       

    Calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    Archive

    Recommend

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Comment

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM