蔵書が500冊を超えました。

 

うちは一軒家ということもあり、本棚が全部で17棹(本棚の数える単位)もあります。

 

相方、私、子供の本で、リアルで使用する資料集が3分の2ほどを占めていますが、小説および創作関係の本も増えてきました。


 

大学生の時にも、よく本屋に立ち寄っては文庫本を購入していて、卒業後の引っ越しの際に文庫本だけでダンボールが何箱にもなりました。

それなりに処分もしていたけれど、確か200冊はあったはず。

 

これだけの冊数になると、買ったか買ってないか怪しくなる時もあって、本屋で見かけたときに、読んだ覚えがあるけれど……と迷うこともあります。

 

結果、重複している本もあったりしました。



 

さて先日、義父が定年退職をし、それを機会に蔵書を整理されたそうです。

 

――その結果どうなったかというと。

 

かなりの量の書籍が私の家に……。笑えない。マジで笑えないです。

 

義父の書庫を見たことがあるけれど、屋外にプレハブで2つの書庫を持ち、確実に2000冊を超えていました。

そのうちの一体何冊がうちに来たのでしょう?

 

現在の私の家では引っ越しをしていないのに、引っ越しをした後のようにダンボールが山積みになってます。どうしよう、これ。

 

また本棚を増やさないといけないのかなぁと、思わず遠い目をしてしまいます。


 

ともあれ蔵書管理用のデータベースを作ることにしました。重複していたらご免。処分させてください。

 

方法は次の通り。

 

1.エクセルで表を作る。

2.ラベルを本に張る。

 

とはいえ、なかなか日記も続かない私の事です。

一番大事なポイントは、「面倒くさくないこと」

 

そのため、表の項目も通番と書籍名、著者、出版社、置き場所だけ。

ラベルには、通番と所有者の名前だけにしました。

 

所有者の名前というのは誰の本かということで、特に創作・小説関係の本は実名でなくて「夜野うさぎ」名での登録にしたからです。

(SNSとかで話題にできるように)

 

ちなみにラベル印刷には、PCにつなげられるテプラが便利ですよ。

 

先日、長編小説を書き終えたばかりですが、今度は蔵書整理の日々を送ることになりそうです。はふぅ……。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM