先日、とある方がよく聞く音楽のリストをツイートされていました。


 

そのなかで徳永英明さんの『壊れかけのRADIO』があって、「あ〜、そういえば兄がよく聞いていたな」と思い出しました。

 

徳永さんの美しい声で歌われる。またその歌詞に哀愁をひしひしと感じました。

(ちなみに私のIpodにも入ってます)

 

最初の1台の黒いラジオ。

中学生や高校、大学と青春を音楽とともに過ごしてきた。大切な思い出のラジオを歌った言葉たち。

 

私の勝手な想像ですが、

ウォークマンが登場して音楽をテープで持ち歩くようになった頃の物語だと思っています。


 

最初の1台。

 

そう呼べる物がみなさんにはありますか?

 

私にとっての最初の1台はフィルムカメラのEOS kissです。

高校生の頃にお小遣いを貯めて買った最初の1台。

 

フィルムを入れてシャッターを切り、仕上がりをドキドキしながら待っていて……。

現像された写真を見て喜んだり凹んだり。

 

あれから社会人になって給料を貯めて、ようやく5Dを購入して、中古市場をチェックしながらレンズをそろえ。

気がついたらレンズ沼に浸かっているという(笑)。

 

カメラの機材は買ったり手放したりもしましたが、最初のkissだけはいまだに保管庫の奥に大切にしまっています。

 

どうしても手放せなかったんですよね。思い出をなくしてしまいそうで。

 

物には思い出がやどる。それも最初の1品には特別な思い出が込められている。そう思います。


 

世阿弥の言葉に「初心忘れるべからず」という有名な言葉があります。

 

最初の頃の気持ちを忘れてはいけない。

 

そういう意味ですが、この言葉には続きがあって、

 

世阿弥は、

「時々の初心」

「老後の初心」

も忘れてはいけないと述べています。


 

修練を積んで、できるようになった技。

積んできた経験。

その時々の「初心」。


 

いろいろな解釈があるでしょうが、私は生き生きと学びつづけることだと思っています。

 

技でも仕事でも、慣れてくると新鮮さが失われてしまう。

洗練されるのとはちがって、自分ではそう思ってしまう。

 

そういう時はありませんか?


 

時には悩んで立ち止まる時もある。

少し道を戻って考え直す時もある。

それでも前へ前へとめざしている。

 

その姿に生きるという輝きがある。

 

そのヒントが「初心」に秘められているのではないでしょうか。

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM